PR



無料ブログはココログ

お気に入り

心と体

男性不妊を克服できたサプリ?

私の従兄、といってもかなり歳の離れた従兄なんですが、長年欲しがっていた子供をやっと授かったそうです。
結婚してから8年、いろいろなことを試したそうですが、オメデタの話が聞けて本当に良かったです。

不妊のことを気にして、不妊専門のクリニックで診断してもらったら、男性不妊だと言われてかなり落ち込んでいたのは3年ほど前のことです。
まさか、自分が原因とは思ってなかったのでかなりショックだったみたいです。

それからは夫婦して、妊娠できるようにいろんなことをしたようです。
あまり込み入ったことは聞いてないですが、それで一時夫婦仲がおかしくなったこともあったようです。

最近は、「OGハーブ」というサプリメントを飲んでいたそうです。
従兄もたぶんこのOGハーブを飲み続けていたおかげだろうと言ってました。

従兄の精子の状態はかなり悪かったようで、体外受精まですすめられたそうです。
いろんなことを試した末に、ダメもとでOGハーブを飲んでいたのに、まさか自然妊娠とは従兄も喜んでいました。

男性不妊のサプリメントというのは、けっこう効き目のあるものなんですね。


看護師の求人・転職なら「メディカル・ラポール」

今回は、看護師の求人・転職なら「メディカル・ラポール」 の紹介です。

「メディカル・ラポール」は、看護師求人の情報の提供、転職サポートをしています。

登録、紹介手数料は一切無料、全国を対象にしています。

看護師の求人を含め、医師、薬剤師の求人など医療従事者全ての就職・転職支援を行っています。

病院の看護体制や給与体系を熟知しているスタッフが揃っているので、転職経験がなくても安心です。

看護師のイメージは、やさしいお姉さんといった感じかな。

幼稚園の頃、大病を患ってずっと入院していたから、看護師さんはとても身近な存在で、遊んでもらったり、僕のド変調な歌を聴いてくれたりするやさしいお姉さんたちでした。

僕は、歌うのが好きだけど、かなりのド変調です。

でも、母だけではなく、看護師さんたちまで「上手だ上手だ」とほめてくれるので、中学生になるまで僕が音痴だなんて気づきませんでした。

看護師さんて、元気づけるのも自信をつけるのも上手だと思います。

がん緩和ケア情報サイト『がんの痛みネット』

今回は、がん緩和ケア情報サイト『がんの痛みネット』の紹介です。

がん緩和ケア情報サイト『がんの痛みネット』は、がんの痛みに関する緩和ケアの情報サイトです。

がんの痛み、治療などにつてい、見やすく整理されています。

また、このサイトから緩和ケアを行っている病院も検索できます。

僕はまだ幼稚園に上がったばかりの時に、突発性血小板減少性紫斑病というのになって、脳内出血で死ぬかもしれないというところまでいったそうですが、小さい頃の話でよく覚えてないです。

ただ、その時検査しなければならないということで、骨髄穿刺といって背骨から太い注射針で脊髄を抜くんですが、あれがすっごく痛かったことを覚えています。

母は、あの時は、「お母さん痛いよ~!お母さん助けて~!」という声が聞こえてきて、この子はこのまま死んでしまうんじゃないかと気が気でなかったそうです。

検査だけでもあんなに痛いのに、がんの痛みってどんなに痛いんだろうと思います。

だからこそ、治療時の緩和ケアは重要だと思います。

みんなで考えるセルフケア

今回は、みんなで考えるセルフケアの紹介です。

僕は全然セルフケアってできていないので、ちゃんとセルフケアができている人って憧れます。

それでも、子供のころに大病を患ったことがあり、体力をつけないとということで、祖母が元気な頃は毎日歩け歩け運動をしていました。

でも、今は毎朝一緒に歩いてくれる人がいないんですよね。

それでも、あんまり体重が増えるのも体のためによくないと、ダイエットのためにサプリメントを飲んでいます。

だけど、これといって運動とかしてないし、もうメタボにまっしぐらって感じです。

それで今度は、サプリメントの他に、メタボコーヒーというのを今は飲んでいるんですが、まだ目立った効果は表れていません。

子供のころから皮膚は弱いので、もしかしたらアレルギーとかあるのかもしれません。

僕はまだ花粉症ではないですが、花粉症とかになると辛そうですよね。

花粉症の目薬に「アルピタット」があります。

アレルギー用目薬として話題だそうです。

みんなで考えるセルフケア」には、実際にこの「アルピタット」を使った感想が紹介されています。

「みんなで考えるセルフケア」では、花粉症で困っている方のブログや、健康、リラクゼーション、美容、生活情報など、役に立つ情報が紹介されています。

同じ悩みを持った方の体験ほど参考になるものはないと思います。

興味のある方はぜひご覧になってみてください。

目指せモムチャン!チョン・ダヨン フィギュアロビクス

今回は、目指せモムチャン!チョン・ダヨン フィギュアロビクスの紹介です。

FIGUREROBICS(フィギュアロビクス)とは、韓国のカリスマトレーナー、チョンダヨンが独自に開発したエクササイズプログラムです。

このエクササイズはサーキットトレーニング方式で、筋力トレーニングと有酸素運動がMIXされた独特の運動を軽快な音楽にあわせて約30分間行う(1プログラム)トレーニングです。

簡単な動きで構成されていて、だれでも取り組みやすいエクササイズです。

簡単な動きですが、しっかり負荷がかかり強力な効果が出ていることから、韓国では魔法の運動と言われているそうです。

誰でもできる簡単な動きなので、これならチョンダヨン DVDにあわせて僕でもできそうです。

がん患者のための高濃度ビタミンC療法

今回は、がん患者のための高濃度ビタミンC療法の紹介です。

がん治療の1つ高濃度ビタミンC療法は、米国のライナス・C・ポーリングにより提唱されました。

ライナス・C・ポーリング氏が「ビタミンCは選択的にガン細胞を殺し、正常細胞には副作用を及ぼしません」と発表したがん治療法が、高濃度ビタミンC治療です。

ビタミンCにはがん細胞を殺す作用があることが知られています。

高濃度ビタミンCががん細胞に入りこむと過酸化水素が発生し、この過酸化水素によりがん細胞が死にます。

この過酸化水素ですが、正常な細胞には「G6PD」という過酸化水素を中和する酵素が存在し、正常な細胞には過酸化水素は無害なのです。

この高濃度ビタミンC療法に安全性や治療費の面でも、患者側の負担の少ない治療法といえます。

高濃度ビタミンC療法に興味を持たれたなら、木村専太郎クリニックサイトに詳しく掲載されていますので、アクセスしてみてください。

ほくろ除去がん治療のご相談は木村専太郎クリニック

飲むヒアルロン酸「皇潤」でおなじみのエバーライフのショッピングサイト

今回は、飲むヒアルロン酸「皇潤」でおなじみのエバーライフのショッピングサイトの紹介です。

エバーライフのショッピングサイトには、おいしい青汁 新鮮搾り・鮫肝海王(さめぎもポセイドン)・肝油(スクワレン)などいろいろな健康食品があります。

飲むヒアルロン酸 「皇潤(こうじゅん)」は、よくCMで見かけますね。

「おかげさまで」というCMは、なんだか祖母を思い出してほんわかした気持になります。

僕の祖母も膝を悪くして正座ができなくなってしまいました。

身体が欲しがっているヒアルロン酸はとても消耗しやすいため、私たちの身体は、毎日新しいヒアルロン酸を必要としているそうです。

ところが、このヒアルロン酸、年齢とともに減少してしまい、20歳の時の体内のヒアルロン酸の量を100%とすると、60歳では25%まで減少してしまうそうです。

しかも、ヒアルロン酸を多く含む食品は、フカヒレや、サカナの目、ブタの皮、そして鶏のトサカなどですが、これらはそんなに普通に食べるものではありませんね。

だから、ヒアルロン酸を手軽に摂ることができるエバーライフの皇潤(こうじゅん)がおすすめなんです。

エバーライフの皇潤(こうじゅん)は、飲むヒアルロン酸です。

手軽にヒアルロン酸を摂って、スムーズな生活を送ってみたいと思いませんか?

僕もこんど祖母に送ってみようと思います。

多重酵素サプリメント PIQONE (ピックワン)

今回は、多重酵素サプリメント PIQONE (ピックワン)の紹介です。

多重酵素サプリメント PIQONE (ピックワン)は、お酒を飲む機会が多い方や、偏った食事をされている方におすすめのサプリメントです。

このサプリメントには、有機酸、ポリペプチド、大豆たんぱく、イソフラボン、豊富なビタミン、クエン酸、メチオニン、L-リシン塩酸塩などが含まれている多機能健康食品です。

代謝酵素によりアルコールを直接分解してくれ、消化酵素が胃腸の活動を助けてくれます。

また、PIQONE (ピックワン)に含まれる酵素には、強い消臭効果もあり、二日酔い対策口臭対策にぴったりです。

これから、年末年始飲む機会が多いという方は、このPIQONE (ピックワン)を試してみてはいかがでしょうか。

リカバリーの強い味方「アスタビータスポルト」

今回は、リカバリーの強い味方「アスタビータスポルト」の紹介です。

「アスタビータスポルト」には、健康パワーを秘めたアスタキサンチンが配合されています。

アスタキサンチンは、サケ・カニ・イクラなど、海洋生物に多く含まれる天然の赤い色素のことです。

そのパワーは、ビタミンEの約1000倍というデータもあります。

僕は疲れやすい体質で、ちょっとしたことで大汗をかくし、からだがだるくなるのはしょちゅうです。

遊んでいる時は遊びに夢中なのでいいんですが、その後がダルダル…。

イベントで山歩きをした時など、もうバテバテで、みんなが頂上について昼食をとっているのに、まだ歩いているという。

その日も、その翌日も疲れが残ってしまって…。

僕は疲れると目にクマができるんで、祖父が心配するんで、もっと体を鍛えないとという気持はあるんですが、体がだるいとなかなかそれもね…。

運動後の体のだるさには戦うサプリメント「アスタビータスポルト」がいいようです。

北大阪インプラントセンター

今回は、北大阪インプラントセンターの紹介です。

インプラントって、最近よく耳にしますね。

インプラントとは、アゴの骨の中に人工的なチタンの歯根を埋め込み、その上に人工の歯をかぶせる治療方法です。

インプラントは、食事をした時の感じや見た目もほとんど天然の歯と変わらず、ほぼなんでも噛むことができます。

インプラント実績が国内有数なのが北大阪インプラントセンターです。

北大阪インプラントセンターは、大阪でインプラント治療を始めて19年。

インプラントの実績が3430人、8120本以上というのですからすごです。

なんらかの理由や年齢により、歯を失う方も多いことでしょう。

自分の歯と変わらず噛むことができるインプラント治療を、検討されてみてはいかがでしょうか。

北大阪インプラントセンター体験談

岡山県岡山市 男性(59歳)

  50歳を過ぎた頃からずっと入れ歯にしておりましたが、入れ歯だと、非常に物が食べにくかったです。特に、硬いものとかガムとかが食べれませんでした。
そんな時に友人にインプラントをすすめられました。その友人はご自分がインプラントを5年前にしており、ほんとに自分の歯のように何でも噛めると教えてくれました。信頼してる友人の言葉だったので、私もすぐにインプラントを決意しました。
実際に自分がインプラントをしてもらい、友人が言ってたことがほんとだと実感しました。ほんとに何でも噛めて食事が楽しくなりました。

より以前の記事一覧